占有 改定。 民法178条の引渡し~占有改定~動産譲渡担保(最高裁昭和30年6月2日)

民法第183条をわかりやすく解説〜占有改定〜

改定 占有 改定 占有 改定 占有

かかる状態に一般外観上変更を来たさないいわゆる占有改定の方法による取得をもつては足らない と結論づけています。 忘れてはいけないのが、 権利を失ってもやむを得ない程の「本人側の帰責性」があるのか?という視点でしたね。

8

占有改定

改定 占有 改定 占有 改定 占有

折衷説は、占有改定によって一応即時取得の成立は認めるものの、確定的ではなく、後に他の占有取得の方法により取得して初めて確定的に所有権を取得するという立場です。 つまり、譲渡担保では、譲渡担保権者は、 占有改定によって、目的物の占有権を取得するのです。 この規定では、BとCいずれも「占有改定」による動産物権変動の対抗要件を備えているといえるので所有者として確定することができません。

3

民法第344条(質権の設定)|毎日3分民法解説メルマガ

改定 占有 改定 占有 改定 占有

占有改定については,判例の多数が 即時取得の要件としての占有(移転)としては認めていません。 で、譲渡担保における、「占有改定の合意」とはどんなものかというと、判旨の前半で、次のようにいっています。 所有権留保は、その名称からは、売主に所有権が帰属しているものとして取戻権となるようにも思われますが、実務上は、担保としての実質を重視して、別除権と取り扱われています(後述する ・民集64巻4号1107頁もそれを前提にしています)。

3

道路:道路占用

改定 占有 改定 占有 改定 占有

3)動産譲渡担保においても占有改定が対抗要件として認められるか 譲渡担保とは、「目的物の所有権を担保権者に移転させる形の担保物権」です。

18

道路:道路占用

改定 占有 改定 占有 改定 占有

それはまずいです。 左記事例では契約書に担保権者への占有改定が規定されていなかったため、占有改定の合意の有無が争点とされました。

16

民法第183条(占有改定)|毎日3分民法解説メルマガ

改定 占有 改定 占有 改定 占有

また,2でも触れた動産譲渡登記を行っておけば,譲渡担保の事実を誰でも登記所で確認できるようになりますので,即時取得の要件である「無過失」が認められない可能性が高まり,第三者による即時取得の成立を一定程度防止する効果があります。 ただ、このような引渡しの方法を採用した場合、第三者に対する公示が不十分なため、第三者による善意取得の問題が発生します。 なお、配信解除希望とのメールをいただくことがあるのですが当方では応じることができません。

19

占有改定による即時取得について質問です。Aが所有する動産をBが占...

改定 占有 改定 占有 改定 占有

解説 条文の「代理人が自己の占有物を以後本人のために占有する意思を表示したとき」というのが、わかりにくいです。 問題はありますけど、判例は古くからずっと、 占有改定も「引渡し」に含まれるとしています。

17

占有改定による即時取得について質問です。Aが所有する動産をBが占...

改定 占有 改定 占有 改定 占有

解除フォームよりご自身で解除していただきますようお願いいたします。 量的範囲など 動産譲渡担保権を設定した場合にも対抗要件を備えておく必要があります。

8

占有改定では即時取得がダメなわけ

改定 占有 改定 占有 改定 占有

客体とは対象くらいの意味に思ってください。 具体的には, 動産の物権変動の対抗要件としての引渡と 即時取得の要件としての占有の判断です。 まとめ 占有改定は、動産譲渡担保の対抗要件 178条「引渡し 」として、認められます。

4