最新 地震 情報。 海外の地震情報 (日付の新しい順)

地震情報:朝日新聞デジタル

地震 情報 最新 地震 情報 最新 地震 情報 最新

(野中良祐) ーーー朝日新聞(28. 「布田川断層帯」として知られる活断層沿いで確認。 面積は日本の本州と九州を合わせたほど。 位置関係やずれ方から、中田氏も遠田氏も、布田川断層帯の一部が活動したとみている。

20

地震情報:朝日新聞デジタル

地震 情報 最新 地震 情報 最新 地震 情報 最新

そのうえで、この地震のあと熊本県阿蘇地方や大分県西部や中部といった別の場所でも地震が相次いでいることについて、古村教授は「おとといからの地震は、いずれも『別府ー島原地溝帯』と呼ばれる地域で起きている。 ひずみの場所はほぼ、政府が南海トラフ巨大地震の震源域として想定する範囲内。

9

海外の地震情報 (日付の新しい順)

地震 情報 最新 地震 情報 最新 地震 情報 最新

24) 南海トラフ巨大地震の想定震源域におけるひずみの分布ーーー毎日新聞(28. 18) 地震で崩壊した民家 マンタ エクアドル 地震で崩壊した建物、エクアドル エクアドル地震 震度分布図 ーーーusgs(28. このうち、1987年に起きた北部を震源とするマグニチュード7の地震ではおよそ1000人が死亡したほか、1949年に起きた中部を震源とするマグニチュード6.8の地震では5000人以上が犠牲になりました。 ひずみの分布と地震の詳細な関連性はわかっておらず、海保の横田裕輔・海洋防災調査官付(測地学)は「過去の履歴にない強いひずみが見つかった。 また1557人がけがをしたということです。

11

大地震の起こる可能性情報 P.9

地震 情報 最新 地震 情報 最新 地震 情報 最新

八木准教授は「断層が進む方向では、地震の波が重なり合って揺れが大きくなることがあり、これが南阿蘇村の大きな被害につながった可能性がある」と話しています。

13

大地震の起こる可能性情報 P.9

地震 情報 最新 地震 情報 最新 地震 情報 最新

ーーーNHK(28. 5 ニューギニア付近 パプアニューギニア、ニューブリテン M7. 19) 16日のマグニチュード7.3の大地震のあと、九州の広い範囲でほかの活断層にひずみが加わり、地震が起きやすくなっている可能性があることが、専門家の解析で分かりました。 24) 海底ひずみの分布状況解明 海保が観測 「詳しい被害予測や観測態勢の充実に役立つ」 南海トラフ巨大地震の想定震源域で、海底のプレート(岩板)にたまったひずみの分布状況を初めて明らかにしたと、海上保安庁海洋情報部の調査チームが23日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

2

地震情報:朝日新聞デジタル

地震 情報 最新 地震 情報 最新 地震 情報 最新

政府の地震調査委員会の前の委員長で、東京工業大学の本蔵義守名誉教授は「これまでより解析結果の信頼度がはるかに高く、南海トラフでの巨大地震で発生する強い揺れや、津波の高さの予測がより正確なものになることが期待される」と話しています。

15

大地震の起こる可能性情報 P.9

地震 情報 最新 地震 情報 最新 地震 情報 最新

震度を訂正します。 また、震源の南西側の領域には、熊本県を縦断する複数の活断層からなる「日奈久断層帯」があり、このうち日奈久区間と八代海区間は一連の地震でずれ動いていないと考えられ、影響が懸念されています。

15